延☆嘉隆(のぶ☆よしたか)のストリートスマート宣言!

元祖ストリートスマート“延嘉隆”(のぶよしたか)のブログ コンテナ写真家・港湾写真家としての活動はコチラ
“プロフィールはコチラ”・職務経歴書はコチラ “よくあるご質問はコチラ” “連絡先はコチラ”   【写真で見る“延嘉隆”の足跡

【自民党総裁選】

凋落の“野党”自民党総裁選(1) −あなたに大将の“資質”はあるのか?−

 また、ブログ更新が滞って恐縮です。二足のわらじ、しかも、2社を立ち上げるというのは思いのほか大変で、ブログどころか、仕事さえままならぬ毎日が続いています。あまりの忙しさに、“総選挙”のことすらこのブログで述べていないような惨状ではありますが、さすがに、「一言、言いたい!」と思いましたので、約1か月ぶりにブログを更新します。

 さて、今回の“野党”自民党の総裁選挙、谷垣・河野・西村と3名の候補が出ています。前者2名については、過去、直接接したことがあるので、それなりに“土地勘”があります。一方、西村候補については、身の回りに接点がある人もいますが、私自身は、直接、お会いしたことはなく、何の知見も持ち合わせていないため、このブログで触れることは控えたいと思います。紙面には「若手分断のため、長老が担いだ」などという文字も躍っていますが、実際のところ、どうなんでしょうね?続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎 〜自民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

a5fcb283.jpg【1】新宿の居酒屋にて 〜SAMURAI SOUL〜
【2】何故、総裁選出馬表明したのか?
【3】年金制度改革
【4】年金制度改革
【5】教育問題
【6】教育問題
【7】政治改革
【8】エネルギー・環境政策
【9】エネルギー・環境政策
【10】エネルギー・環境政策
【11】総括

自民党総裁選に向けて河野太郎が掲げるこんな政権構想 詳しくはこちらをクリック!

延☆嘉隆VS 河野太郎 〜自民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【11】総括

のぶ:今日は、お忙しいなか、お時間を頂き有難うございました。河野さんが掲げる“年金制度改革”“教育制度改革”を柱とした「政権構想」をHPに掲載され、また、blogを活用されながら、双方向の議論を行っていらっしゃる姿を拝見しながら、ようやくこういう時代が来たな〜と嬉しく思います。あっ、そう言えば、mixiの中でも、結構、精力的に、やり取りをされていますよね。blogのコメントやmixiでのやり取りを見ながら、政権構想ダウンロードページに書かれていた「国民と永田町の距離を縮めたい」というお気持ちが本気なんだろうな〜と実感しました。続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎 〜自民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【10】エネルギー・環境政策

のぶ:私は、同じ80兆円という投資をしていくならば、自然エネルギーの実用化に向けた技術開発のために資本投下していくべきだと考えています。以前、NEDOの関係者の方に聞いたのですが、現状では、太陽光発電に関して言えば、発電コストもさりながら保守・メンテなども入れると、何十倍、確か、20倍くらい自然エネルギーが割高になる。しかし、費用対効果の部分は、規模の経済性が働くので、全国規模の国策になった途端、相応の数字にこなれてくると思います。エネルギーの全てを自然エネルギーで代替することは不可能でも、地球人の意思として、取り組むべき課題だと考えます。続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎 〜自民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【9】エネルギー・環境政策

河野:高速増殖炉が今後50年近くない状況で、毎年8トンずつ取り出したプルトニウムをどうするんだろうと思います。それで、仕方が無いから、ウラン燃料と混ぜたモックス燃料というものを作って、普通の原子力発電所で燃やします。これをプルサーマル計画と言っているんですけど、こんな全く意味のないものに、これから先、40年間で80兆円もの資金を使っていく。そんな資金があるんだったら、自然エネルギーの開発のためにかけるべきだというのが私の考えです。続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎─ 措民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【8】エネルギー・環境政策

のぶ:実は、今回メディアが定義する総裁選の争点とは何の関係も無い話なのですが、ここが河野太郎に一番、聞きたかったことなんですよね。

のぶ:私が、河野太郎という政治家に注目したのは、2004年5月のことでした。話せば長くなりますが、3年前に下北半島を訪れたことがあります。三沢空港から六ヶ所村を通って、隣の横浜町に行ったのですが、途中の六ヶ所村で、小さな街にゼネコンの支店(営業所)が所狭しと乱立し、一方で、風力発電の風車が立ち並ぶ光景を見て、随分と違和感を感じました。その光景が、あたかも、臭いものに蓋をして、尚且つ、外から見えないように、迷彩塗装でカモフラージュしてあるように見えたのです。続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎А 措民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【7】政治改革

国会のぶ:“政治改革”と言えば、私が書生をしていた頃は、選挙制度、中でも、小選挙区制度の導入という話だったのですが、寧ろ、河野さんの場合は、“脱派閥”的な話ですか?

のぶ:河野さんが掲げられている政治改革について話を聞かせて頂いて宜しいですか?

河野:派閥が行政権の人事に口を出すのはおかしいと思います。小泉総理は、ご自身で大臣を任命したと言われていますが、副大臣や政務官は派閥に丸投げしました。“脱派閥”というけれども、まだ、中途半端だと思います。基本的に、派閥単位で人事を考えるのを止めたほうが良いと思います。続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎Α 措民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【6】教育問題

in fukudaijinnshituのぶ:河野さんご指摘の部分の行政権限は、確かに、国の運用上の思惑みたいなものもあると思いますが、形式的には、都道府県が持っていますよね。しかし、現実には、市町村教育委員会が人事に積極的に関与することも難しいし、改革派首長がいざやろうとすると、都道府県がシャシャリ出てきて出来なくなる。他にも、学区制を廃止するとか、地域に住んでいる人たちがお金出し合って学校を運営していくなどの試みもありますが、どうも都道府県が難色を示す場合が多い。続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎ァ 措民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【5】教育問題

nobuのぶ:河野さんは、今回の総裁選政権構想の中で、年金制度改革と同時に“教育問題”を重要な政策の柱として位置づけられています。その割には、あまり、教育問題に関するご発言をお聞きしたことがないんですが、その点についてのお考えを聞かせて下さい。

河野:有難うございます。是非、話をしたいんですけど、中々、聞いてもらえなくて。(笑)続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎ぁ 措民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【4】年金制度改革

kono taro河野:何故、社会保険庁を廃止するべきかと言うと、消費税は国税庁が集めます。それを厚生省が給付するという、集めるところと払うところが異なる仕組みを作ることが重要だと思います。集めるところと払うところが異なるということが、変な利権を作らない大前提になると思います。また、消費税なら、その時点で全員対象になるわけですから、やはり、現実的には、消費税方式に変えざるを得ないと思いますね。続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎 〜自民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【3】年金制度改革

nobuのぶ:今、一応、年金払ってるすけれども、4月に独立してから忙しくて4〜5ヶ月滞納している状態なんです。先日、計算したら、国民健康保険料と併せて18万円くらいだったので、高いな〜と思っていたところでした。今朝、「報道2001」にご出演の河野さんの話を聞いてて、非常に解りやすい正論だな〜と感じました。ああいう話を聞くと、納得して払えるというか、思わず納付書をカバンに入れてしまいました。(笑)続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎◆ 措民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【2】何故、総裁選出馬表明したのか?

1c8c7340.JPGのぶ:今回の総裁選において、河野さんは「まず、各候補者は政策を掲げて総裁選に挑むべき」と青臭いまでの正論を説き、逸早く、立候補を表明され、即座に、ご自身のHPで「政権構想」を発表されました。“安倍さんで決まり”という予定調和のような状況の中で、何故、政治的に損をしてまで、総裁選に立候補されたのですか?

続きを読む

延☆嘉隆VS 河野太郎  措民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

【1】新宿の居酒屋にて 〜SAMURAI SOUL〜

延嘉隆VS河野太郎のぶ:河野さん、今日は、宜しくお願いします。今回は、私のblog企画「ダメ元企画“延☆嘉隆が斬る!〜自民党総裁選(ポスト小泉)候補を斬る!(延☆嘉隆 vs 河野太郎〜”」をご快諾頂き有難うございます。まさか、お受け頂けるとは思ってもいませんでしたので、却って、こちらが驚いています。(笑)今日は、宜しくお願いします。

河野:こちらこそ。宜しくお願いします。

続きを読む

延☆嘉隆が斬る!〜自民党総裁選(ポスト小泉)特別企画〜

nobu vs taro kono 日曜日の晩、当blogのダメ元企画「延☆嘉隆が斬る!」を快く引き受けて頂いた河野太郎氏と対談を行いました。河野氏は、逸早く、政権構想を発表し、blogなどを駆使してゲリラ戦を展開中。ラッキーなことに、日曜朝の報道2001に出演されているのをみていたので、主張されている年金問題など、コアな主張は学習済み。続きを読む
コンテナ写真集(by 延)
コンテナ写真
今までの日記